Sherlock-300BSherlock

Sherlock-300Bコンパクトバッチラインタイプ

業界唯一

基板外観検査装置 Sherlock-300B

Sherlockシリーズの特長はこちら

1回セットするだけで複数枚自動検査

1回セットするだけで複数枚自動検査

オペレーターはカセットラックをローダー側・アンローダー側に設置するだけで、検査後の良品・不良品を自動振分。良品と不良品は間にスペースを挟んで区別。良品基板/不良基板のアンローダー側での上下の収納順番は設定可能。一人の作業員で複数台を扱うことが可能。

ローダー / アンローダーの一体構造

ローダー / アンローダーの一体構造

AOIとローダー / アンローダーを別個に揃える必要がないため、コストに優れ、且つコンパクトなシステム。作業者の作業範囲拡大と効率UPにより、省人化を支援。コンパクトで設置性に優れ、複数台レイアウトに適応。

仕様

※表は横にスクロールしてご覧ください。

検査対象基板 Mサイズ
Lサイズ -
寸法 50mm(幅)×80mm(奥)~
330mm(幅)×250mm(奥)
基板厚 0.5~2.0mm
基板最大質量 1kg
基板高さ制限(クリアランス) 上面 25mm(分解能:12.4μm/pixel)
30mm(分解能:18.7μm/pixel)
下面 20mm
分解能 12.4μm/pixel
18.7μm/pixel
(出荷時選択)
最小検査対象部品(JIS) 0402(分解能:12.4μm/pixel)
0603(分解能:18.7μm/pixel)
検査速度 5,000mm2/s
(※分解能:18.7μm/pixelの場合)
主要検査項目 部品検査 欠品、位置ずれ、立ち、極性、異物、
表裏反転、文字認識(OCR)
ハンダ検査 過多、過少、未ハンダ、ブリッジ、ハンダボール
撮像範囲 25.4mm×13.5mm(分解能:12.4μm/pixel)
38.3mm×20.3mm(分解能:18.7μm/pixel)
被写界深度
(社内規定による)
6mm(分解能:12.4μm/pixel)
10mm(分解能:18.7μm/pixel)
繰り返し位置精度 ±50μm
カメラ 2M Pixel
照明 RGB+電球色LED
撮像系構造 物体側テレセントリック光学系
基板流れ方向 左 ← 右
撮像部駆動方式 高剛性2軸駆動
基板固定方式 エアクランプ
搬送コンベア幅調整 自動
搬送部高さ -
基板幅決め
基準位置
手前
モニター 21.5インチ タッチパネルディスプレイ
PC OS Windows 7 Professional 64bit
日本語 / 英語(言語は出荷時選択)
メモリ 8GB
装置間インターフェース -
使用環境条件 10~35℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
保管環境条件 -10~60℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
電源 AC100~240V ±10%(単相)
50/60Hz
供給エア 圧力:0.5MPa
消費量:5Nℓ/min
本体寸法(突起部含まず) W1,496×D786×H1,328mm
重量(PC含まず) 252kg

※表は横にスクロールしてご覧ください。

このページの先頭へ