Sherlock-3D-1000SSherlock

Sherlock-3D-1000S

Sherlockシリーズの特長はこちら

業界トップクラスの検査速度、毎秒5,000mm2

2次元検査装置Sherlock-300/500Lの良さはそのままに、12μmまで高分解能化。全部品の浮き検査やフィレット体積検査などの3次元検査を、2次元専用検査装置と同等のタクトタイムで実現。

背高部品の浮き検査も可能

最大高さ20mmの測定レンジ全体をマルチスキャン方式により高さ分解能12μmで計測可能。IC部品のリード浮きだけでなく、電解コンデンサやコネクタなどの大型部品の微細な浮きも検出可能。

『1部品、1クリック』でデータが可能

チップ部品やQFP等の主要部品に自動データ作成機能が搭載され、ライブラリデータがない状態でのティーチングを支援。通常のデータ作成に比べ、作成時間を半分以下にできます。

仕様

※表は横にスクロールしてご覧ください。

検査対象基板 Mサイズ
Lサイズ
寸法 50mm(幅)×50mm(奥)~
510mm(幅)×460mm(奥)
基板厚 0.3~4.0mm
基板最大質量 3kg
基板高さ制限
(クリアランス)
上面 30mm
下面 20mm
分解能 水平分解能:24μm(3D)、12μm(2D)
高さ分解能:12μm
最小検査対象部品(JIS) 0603
検査速度 5,000mm2/s(3D+2D)
主要検査項目 部品検査 欠品、位置ずれ、立ち、極性、異物、
異部品、表裏反転、文字認識(OCR+OCV)、
リード浮き、部品浮き
ハンダ検査 過多、過少、未ハンダ、ブリッジ、
ハンダボール、はんだ体積
撮像範囲 49mm(スキャン幅)
被写界深度
(社内規定による)
5mm
繰り返し位置精度 ±7μm
カメラ 12M Pixel
照明 RGB+電球色LED
撮像系構造 両側テレセントリック光学系
基板流れ方向 左 ← 右 / 左 → 右(出荷時選択)
撮像部駆動方式 ボールねじ2軸駆動
基板固定方式 エアクランプ
搬送コンベア幅調整 自動
搬送部高さ 925±45mm
基板幅決め
基準位置
手前
モニター 17インチ タッチパネル ディスプレイ
PC OS Windows 7 Professional 64bit
日本語 / 英語(言語は出荷時選択)
メモリ 32GB
装置間インターフェース SMEMA規格準拠
使用環境条件 10~35℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
保管環境条件 -10~60℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
電源 AC200~240V ±10%(単相)
50/60Hz
供給エア 圧力:0.5MPa
消費量:5Nℓ/min
本体寸法(突起部含まず) W985×D1,100×H1,400mm
*搬送部高さ900mm時
重量(PC含まず) 354kg

※表は横にスクロールしてご覧ください。

このページの先頭へ