事業部紹介INTRODUCTION OF DIVISIONS

事業部紹介 INTRODUCTION OF DIVISION

レクザムの事業分野は多岐に亘ります。これは、これまで取り組んだことのないテーマにも果敢に挑んできた結果です。主力事業であるエレクトロニクス分野を中心にレクザムの事業内容について、事業部ごとに紹介します。

生産本部MAIN MANUFACTURING UNIT

多彩なコア技術の掛け合わせから、NO.1、オンリー1の製品を創り出す

主力事業であるエレクトロニクス製品の設計・開発から製造までを担当しています。エレクトロニクス応用技術を核に、ソフトウェア、メカトロニクス、オプト、バイオ、ナノテクなど。多彩なコア技術を持つエンジニアたちが多く在籍しており、レクザムが開発好奇心集団と言われる所以です。コア技術の融合からは随一の製品も多く生まれています。また、設計・開発から製造までを自社工場で行っているのも大きな特徴の一つです。

扱う製品
各種マイコンボード、眼科医療機器、バイオ計測機器、基板外観検査装置など

営業本部SALES DIVISION

新たな市場を見出し、レクザムブランドを世界へ送り出す

本社のある大阪、香川、東京、名古屋に拠点があり、主力事業であるOEM製品(エアコン用コントローラや各種マイコン応用製品)や自社開発製品(検眼器、基板外観検査装置、バイオ計測機器、自動車固定用クラスパー等)の営業を行っています。利益を追求することはもちろんですが、常にお客様のニーズを聞き、何が求められているのか本質を追求することが大事です。また、それを他部署に展開する役割も担っています。数歩先を読んだ営業戦略に取り組んでいます。

PICK UP

この事業部の関連記事

EソリューションBUESOLUTION BUSINESS UNIT

より良い「E いい」製品「Equipment 機器・装置・設備」を創り、お客様の問題解決を図る

産業用設備(空調ユニット、温調ユニット、ロボット・ウエハ搬送ユニット)の開発・製造に特化した事業部で、2013年に発足しました。メカトロニクスの技術を主軸に、エレクトロニクス事業で蓄積した技術を活かし、お客様によって異なるニーズにもフレキシブルに対応しています。また、レクザムの自社開発製品である自動車固定用クラスパーや乾燥剤のSUNDRYII、さぬき地ビールなど、一風変わった製品の開発・製造も行っています。

扱う製品
産業用設備(空調ユニット、温調ユニット、ロボット・ウエハ搬送ユニット)、自動車固定用クラスパー、SUNDRYII、さぬき地ビールなど

PICK UP

この事業部の関連記事

メタルワーキングBUMETAL WORKING BUSINESS UNIT

半世紀に亘り蓄積されてきた金属加工技術。その更なるブラッシュアップを図る。

会社設立後まもなく、自動車部品の製造を始めたレクザム。プレス加工や溶接加工などの板金加工技術は代々受け継がれ、新たな分野の金属加工製品の製造にも活かされています。近年では太陽電池用フレーム、物流パレットや搬送パレットなど、様々な金属加工製品をお客様に供給しています。

扱う製品
自動車部品、太陽電池用フレーム、物流パレットなど

ナノスタンプメタルBUNANO STAMPMETAL BUSINESS UNIT

微細・微小金属プレス加工技術を駆使した、オンリー1製品の製造。

細微小のプレス加工に特化し、電子部品向け金属ピースをはじめ、様々な金属ピースの製造をしています。プレス加工のための金型はお客様のニーズをスピーディーに反映するため内製化しており、「精密金属プレス加工技術」「金型設計技術」「測定技術」といった、高い技術力を誇っています。

扱う製品
超精密微細プレス製品

スポーツ事業部SPORTS DIVISION

世界が賞賛するスキーブーツを創りたい。人間工学に基づいた独自の設計がそれを可能に。

世界に認められるブーツを創りたいという思いから1992年、レクザムにスポーツ事業部(大阪府)が発足しました。2010年のバンクーバーオリンピックでは、上村愛子選手がレクザムのスキーブーツを履いて競技に挑み、4位入賞を果たしました。独自の商品開発理論を元に、開発から製造、販売までを行っています。

扱う製品
スキーブーツ、スノーボードブーツなど

PICK UP

この事業部の関連記事

採用エントリーはこちら

このページの先頭へ