WORK-LIFE
BALANCE#002
若手社員に
聞く

若手がイキイキ活躍できる環境とは?

CROSS TALK

職場の雰囲気は?仕事と私生活の調和が図れ、次の日の活力となる。

川田

入社後、最初の仕事は図面作成でした。まずは実際に書いてみて、それを先輩に見せてアドバイスをもらうようにしました。当然やり直しになることも多く、あまり効率的とは言えませんでしたが、叱られることはなかったですね。むしろ「もっとやってみろ」という雰囲気。若手を育てようとする気概を感じました。また、私の所属している部署は業務の効率化を推進しているため、残業をしている人は比較的少ないです。仕事と私生活の調和が図れ、次の日の活力となります。

塩田

私が所属している開発部は、とても和やかな雰囲気ですね。私が別室で実験をしていると、「大丈夫か?」と先輩が様子を見に来てくれたり。今の仕事は電気やソフトウエアなどの幅広い知識が必要になるので、先輩たちが丁寧に教えてくれます。ホント、大事にして頂いています。私も川田さんと同じで、現在、残業はほとんどありません。

長野

私は設計部の中でもソフトウエアの担当なので、基本的にはパソコンに向かって黙々と仕事をしています。私が所属している部署も川田さんと同じように、分からないことがあればその都度、質問するというやり方。理解するまで丁寧に教えて頂けるので、ありがたいですね。納期前になると残業する時もありますが、それでも月に20~30時間程度。オンとオフをきっちり切り替えられる環境です。

原田

入社前は、最初の1~2年は上司の指示に従っていればいいんだろうと思っていましたが、全然違ってました。もちろんチェックは入りますが、1から10まで上司が指示をするのではなく、「このテーマについて考えてみて」とか、「この資料について案を出して」といろいろなテーマを与えられます。自分で考えながら動くので、仕事が面白い。他部署の人に聞いてもみんな同じような経験をしているので、これはレクザムの社風かもしれません。

福利厚生制度で利用しているものは?社員食堂の定食が250円。社員のお財布にもやさしい。

原田

昼食は厚生棟にある社員食堂を毎日利用しています。定食が250円とお手頃で、社員のお財布にもやさしい。最近はメニューがリニューアルされて、以前より見た目も味もレベルアップしました。

塩田

開発部のメンバー数人で、毎週水曜日の定時後に、厚生棟にあるトレーニングルームを利用しています。カラダを鍛えながら同僚とコミュニケーションも図れるので一石二鳥です。

川田

資格取得のバックアップ制度を利用して、機械製図の資格を取りました。受講費用を全額負担してもらい、本当に助かりましたよ。また、懇親会なども会社が補助してくれる制度がありますので、歓送迎会などに活用させて頂いています。

長野

会社のテニス部に所属していますが、大会に参加する際には会社から加盟費を出していただいています。また、レクザムはカマタマーレ讃岐のスポンサーなので、会社からチケットをもらってみんなで観戦に行くこともありますよ。

原田 美菜子

長野 航介

塩田 誉宙

川田 正人

オフの過ごし方は?最近料理にハマっている。得意なのはオムライス。

長野

スポーツが好きなので、土曜日はテニスかバスケットボール、日曜日はフットサルをやっています。気候がいい時期は旅行に出かけることも多いですね。

原田

子どもを連れて公園に行ったり、友達と食事に出かけたり。また、以前吹奏楽の楽団でホルンを担当していたので、演奏会を見に行くこともあります。子どもがもう少し大きくなったら、またホルンの練習を再開したいと思っています。

塩田

私は最近料理にハマってるんですよ。得意料理はオムライスです。最近話題になっているドレス・ド・オムライスも作れます。強火で一気に仕上げるのがコツ。オムライスは結構難しいから、キレイに出来上がると思わずガッツポーズです。

川田

平日は、家に帰ってから読書をしてることが多いですね。好きなジャンルはSF小説とノンフィクションです。去年新車を買ったので、休日は専らドライブに出かけていますね。

ワークライフバランス:若手社員に聞く

自分の将来像については?プロジェクト全体をコントロールできるようになりたい。

塩田

現在、担当している仕事は、メカやソフトウェアだけでなく様々な分野の知識が必要になりますが、もともと電気系の出身なので、やはり電気についてもっとスキルをあげていきたいです。いずれは基板設計に携わってみたいとも思っています。

川田

仕事上、お客様に説明する機会が多いのですが、どうも人前で話すのが苦手で…。まずはそれを克服したいですね。お客様との電話応対・メールのやりとり・資料作成などもサラッとこなせるようになりたいです。

長野

私は今、上司がお客様と打ち合わせた内容を基に現場での仕事を担当していますが、2~3年後にはシステムの仕様やコスト、スケジュールなどをお客様に提案できる人材になりたいですね。プロジェクト全体をコントロールする立場で仕事に関わっていければ、と考えています。

原田

総務は社員のみなさんが気持ちよく働けるような環境を作るのが仕事ですから、会社の中で改善が必要なところがあれば、積極的に動いて改善していきたいと思っています。そのためには法律も含めた知識が必要ですし、周りの人とのコミュニケーションも欠かせません。仕事を通じて、そうしたスキルを身につけていきたいです。

レクザムの若手社員の動向を知る

レクザムでは、若手社員の『雇用の安定』のために、仕事へのやりがい・働きやすい
職場環境をテーマに、風通しの良い職場環境作りを目指しています。

過去5年間の新卒者離職率:5.2%

全国平均と比較し、大幅に低い離職率である。
環境面・仕事のやりがいにおいて充実していることがこの数値に繋がっている。

採用エントリーはこちら

このページの先頭へ