ホーム » 会社情報 » 行動計画

行動計画Action plan

一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成29年4月1日から平成32年3月31日までの3年間

2.計画内容

目標1:
計画期間中に、育児休業の取得状況を以下のとおりとする。
女性社員 取得率70%以上にする。

目標達成のための対策(平成29年4月~)

  1. 休業者に対して情報提供を行うとともに育児休業取得後の復職を円滑にできるようにする。休職前の職種を基本に、個人的仕事の精神的肉体的負担のないよう、休業者が復帰するにあたっての所属長との事前相談を行うよう、管理者への指導を行う。
  2. より利用しやすくするため、育児休業制度の見直しを行う。
目標2:
所定外労働を削減するために、時間外勤務パトロールの強化

目標達成のための対策

  1. 時間外勤務パトロールの強化をはかる。
  2. 設定されたノー残業デーの実施。
目標3:
計画期間中に職場における育児に関する意識を高め、育児を行う従業員に対し、理解と協力が得られる風土・体制とする。
(女性従業員が、社内育児制度を申請したりした場合、所属長が快く承認するという環境を作る。)

目標達成のための対策

  1. 管理者の会議においての、周知と呼びかけを行う。
  2. 人事管理部署での相談窓口を設ける。

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当社の課題

技術系部署での女性が少なく、配置先が偏っている。

3.目標と取組内容

目標:技術系部署での女性を、現員34人から50人に増加させる。

取組内容

  1. 技術系部署での女性を増やすため、技術系部署への異動をする上での課題について把握し、解決策について検討する。
  2. 技術系部署での女性の求人応募を増やすため、応募時に積極的に職場紹介を実施する。
  3. 配属後には、管理部門と協力して特に管理職が労働時間・育児などの労働環境を整えることに積極的に関わっていく。

このページの先頭へ