新着情報News

協力工場 改善事例発表会 in 西条工場

2021年11月16日(火)レクザム 西条工場(愛媛県)にて、「協力工場 改善事例発表会」を行ないました。

3ヶ月毎の開催を目標にしていましたが、新型コロナウィルスの感染拡大により、5ヶ月ぶりの開催となりました。

今回は、レクザムの中で2番目に広い敷地面積 約 11万㎡(東京ドーム 約3個分)をもつ、西条工場で開催されました。
初めて足を踏み入れる方は、あまりにも広大な敷地と鮮やかなレクザムブルーの建物に驚嘆されていました。

自作した治具や設備の一部を見学頂いた後、不良を作らない為に8事業所が取組んだ改善事例を発表し、今後の品質管理の参考としました。
今後も、高性能・高信頼性・長寿命である製品を作り続けるため、各事業所と連携し、ものづくりに取組んでまいります。


基板コーティング装置「Pegasus」出荷式


2021年11月15日(月)弊社 香川工場 電子管理棟前で、基板コーティング装置「Pegasus-600I」の出荷式が行なわれました。

「Pegasus」は、フイルムタイプ、ニードルタイプ 2種類の塗布ノズルを標準装備し、広い面積でも指定された領域に短時間で塗布加工が可能な製品です。
また、作業者は基板全体をモニターで確認しながら、塗布エリアを指定することが可能な為、実際の塗布感覚での作業を実現しました。

基板外観検査装置「Sherlock」、基板レーザーマーキング装置「Watson」に続く新シリーズ「Pegasus」!!
第1号機は、海を渡った海外で活躍します。


満濃工場 地鎮祭

2021年11月1日(月)弊社 満濃工場において、岡野社長 他 役員達と工事関係者の皆様方、参列の下、新築工事の安全と繁栄を祈願し、地鎮祭が行なわれました。

満濃工場は、半導体製造に携わる製造装置で使用される大型のチラー(空調熱源や各種産業装置等の温度を一定に保つための装置)をメインに生産しています。

世界的に問題となっている半導体不足は、通信システム、AIの増加、自動車のEV化などにより、更に深刻化する見込みです。
今後予想される急激な需要拡大に備えて、満濃工場は生産スペースを既存建物の約1.5倍に拡大いたします。
新しい建物は、2022年4月中旬に竣工予定です。



第1回 身体障がい者野球 四国交流大会

2021年10月30日(土)香川県丸亀市のレクザム ボールパーク丸亀で「第1回 身体障がい者野球 四国交流大会」が行なわれました。
会場となった、“レクザム ボールパーク丸亀”は、2018年より当社がネーミングライツ権を取得しているご縁もあり、特別協賛を致しております。

これまで四国3県には、障がい者野球チームがありましたが、今年から香川県にもチームができたので、初めての交流大会が実現しました。
この大会で始球式を務めたのは、弊社 住田副社長!
秋晴れの空の下、選手に負けない熱の入った直球で試合開始を宣言しました。

身体障がい者野球は、障害に合わせて特別ルールを考案し、幅広い障害者が楽しめるように工夫された、まさに“発想は無限大”なスポーツです。
レクザムは、障害者スポーツのますますの普及と活躍を応援しています。



このページの先頭へ