Sherlock-500LSherlock

Sherlock-500LLサイズ基板(510×460mm)対応

基板外観検査装置 Sherlock-500L

Sherlockシリーズの特長はこちら

Sherlockシリーズ最高の検査速度、毎秒7,500mm2

1.高速駆動部×高速撮像カメラ×高精度大口径レンズ。
これら全てを最適・専用設計!性能とコストを両立!

高速駆動部×高速撮像カメラ×高精度大口径レンズ。これら全てを最適・専用設計!性能とコストを両立!

検査時間目安【20μmレンズ選定時】

  • 150×150mm基板約5秒
  • 330×250mm基板約14秒
  • 510×460mm基板約33秒
  • ※検査条件によって変動。
    搬送時間、クランプ時間を含まず。

2.Sherlock-300シリーズに比べ、約50%の高速化を実現。

Sherlock-300
毎秒5,000mm2

Sherlock-500L
毎秒7,500mm2

Sherlock-300
毎秒5,000mm2

Sherlock-500L
毎秒7,500mm2

超微小部品から大型部品まで検査対応!

1.Lサイズ、高さ最大45mm部品もOK!

Mサイズ基板 Lサイズ基板

Mサイズ基板(330×250)は勿論、Lサイズ基板(510×460)まで対応。基板上下ともに45mmのクリアランスを確保したことで、背高部品搭載基板も検査可能。

2.高被写界深度で背高部品もOK!

高被写界深度で背高部品もOK!

専用設計レンズにて高被写界深度を確保。表面実装部品だけでなく、背高部品の検査も同時に実施可能。

3.最高分解能10μmで小型部品もOK!

最高分解能10μmで小型部品もOK!

目視や低倍率では検査出来ない部品でも、高倍率で高精細な画像で検査可能。(分解能は出荷時オプション) カメラから検査対象部品までの距離を一定にする、高精度な検査を可能とする基板バックアップ機構を搭載。

4.リフロー前基板の検査にも最適な低振動メカニズム

カメラがX-Yに高速駆動する構造のため、検査中は基板は静止しており、リフロー前工程でも利用可能。基板を下面より支えるバックアップピンの設置も可能。

仕様

※表は横にスクロールしてご覧ください。

検査対象基板 Mサイズ
Lサイズ
寸法 50mm(幅)×50mm(奥)~
510mm(幅)×460mm(奥)
基板厚 0.3~4.0mm
基板最大質量 3kg
基板高さ制限
(クリアランス)
上面 45mm
下面 45mm
分解能 8.7μm/pixel
13.7μm/pixel
18.7μm/pixel
(出荷時選択)
最小検査対象部品(JIS) 0402(分解能:8.7、13.7μm/pixel)
0603(分解能:18.7μm/pixel)
検査速度 7,500mm2/s
(※分解能:18.7μm/pixelの場合)
主要検査項目 部品検査 欠品、位置ずれ、立ち、極性、異物、
表裏反転、文字認識(OCR)
ハンダ検査 過多、過少、未ハンダ、ブリッジ、ハンダボール
撮像範囲 17.8×17.8mm(分解能:8.7μm/pixel)
28.1×28.1mm(分解能:13.7μm/pixel)
38.3×38.3mm(分解能:18.7μm/pixel)
被写界深度
(社内規定による)
3mm(分解能:8.7μm/pixel)
5mm(分解能:13.7μm/pixel)
10mm(分解能:18.7μm/pixel)
繰り返し位置精度 ±50μm
カメラ 4M Pixel
照明 RGB+電球色LED
撮像系構造 物体側テレセントリック光学系
基板流れ方向 左 ← 右 / 左 → 右(出荷時選択)
撮像部駆動方式 高剛性2軸駆動
基板固定方式 エアクランプ
搬送コンベア幅調整 自動
搬送部高さ 920±50mm
基板幅決め
基準位置
手前 / 奥(出荷時選択)
モニター 21.5インチ タッチパネルディスプレイ
PC OS Windows 7 Professional 64bit
日本語 / 英語(言語は出荷時選択)
メモリ 8GB
装置間インターフェース SMEMA規格準拠
使用環境条件 10~35℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
保管環境条件 -10~60℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
電源 AC100~240V ±10%(単相)
50/60Hz
供給エア 圧力:0.5MPa
消費量:5Nℓ/min
本体寸法(突起部含まず) W920×D927×H1,336mm
*搬送部高さ900mm時
重量(PC含まず) 290kg

※表は横にスクロールしてご覧ください。

このページの先頭へ