Sherlock-300RSherlock

Sherlock-300R裏面検査インラインタイプ

基板外観検査装置 Sherlock-300R

Sherlockシリーズの特長はこちら

フロー面に特化した検査項目

フロー面に特化した検査項目

フロー面専用の検査データ作成機能を搭載。簡単設定で、ランド上のハンダ量やリード状態、ランド間のブリッジ検査が可能。

基板反転機が不要!

カメラを装置下部にレイアウトすることで基板の反転工程が不要。さらなるスピードアップと省スペース化を実現しました。

Sherlock-300I Sherlock-300R

Sherlock-300Rで撮像した基板裏面

「画像を1クリック」で基板全面の検査データ作成

「画像を1クリック」で基板全面の検査データ作成

生基板を投入し、ランド部をクリックすると基板全面の検査データが作成可能。
※部品検査も300シリーズ同等に作成可能です。

耐熱仕様の搬送装置を搭載!

金属製の搬送装置を採用することで、ハンダ付け直後で高温状態の基板を冷却時間不要で搬送することができます。

仕様

※表は横にスクロールしてご覧ください。

検査対象基板 Mサイズ
Lサイズ -
寸法 100mm(幅)×80mm(奥)~
330mm(幅)×250mm(奥)
基板厚 0.5~2.0mm
基板最大質量 2kg
基板高さ制限(クリアランス) 上面 75mm
下面 25mm
分解能 18.7μm/pixel
最小検査対象部品(JIS) 0603
検査速度 5,000mm2/s
主要検査項目 部品検査 欠品、異部品、位置ずれ、品番、形状、面積
ハンダ検査 過多、過少、未ハンダ、ブリッジ
撮像範囲 38.3mm×20.3mm
被写界深度
(社内規定による)
10mm
繰り返し位置精度 ±50μm
カメラ 2M Pixel
照明 RGB+電球色LED
撮像系構造 物体側テレセントリック光学系
基板流れ方向 左 ← 右 / 左 → 右 (出荷時選択)
搬送方式 金属チェーン
基板固定方式 エアクランプ
搬送コンベア幅調整 自動
搬送部高さ 920±50mm
基板幅決め
基準位置
手前
モニター 21.5インチ タッチパネルディスプレイ
PC OS Windows 10 Pro 64bit
日本語 / 英語(言語は出荷時選択)
メモリ 8GB
装置間インターフェース SMEMA規格準拠
使用環境条件 10~35℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
保管環境条件 -10~60℃ / 30~80%RH(結露無きこと)
電源 AC100~240V(単相)
供給エア 圧力:0.5MPa
消費量:5Nℓ/min
本体寸法(突起部含まず) W620×D758×H1,294mm
重量(PC含まず) 180kg

※表は横にスクロールしてご覧ください。

このページの先頭へ