新着情報News

KSB「おしごとみせて」レクザム社員が出演!

おしごとみせて

2021年1月18日(月)KSB 瀬戸内海放送「News Park KSB」に、第1開発部所属の井関 裕司さん一家が出演されました。

出演されたのは「おしごとみせて」のコーナー。
どもたちがお父さん、お母さんの働く職場に行き、どのような仕事をしているか、実際に見てみよう!というコーナーです。

出演された井関さんは、眼科医療機器の設計開発業務を行なう“お父さん”で、携わった「検眼器」は、世界80カ国以上で活躍しています。

お家とは違う、鋭い眼差しで検眼器に向かうお父さんを、子どもたちはどう感じたのでしょうか。

 

番組放送のこの日、KSBさんは52年間も慣れ親しんだ西宝町の社屋を離れ、移転した新社屋(高松市上之町)より放送を開始しました。

「初回放送」の「新コーナー」という“初めてづくし”の記念すべき放送回です。

★KSB 瀬戸内海放送「おしごとみせて」 2021年1月18日 OA分は、
こちら
★KSB 瀬戸内海放送「おしごとみせて」 番組HPは、こちら


ヒッチコックの様に颯爽と通過する住田副社長も必見です!


日本経済新聞 レクザムの「超臨界」技術が掲載!


2020年7月21日(火)日本経済新聞にレクザムの「超臨界」技術が掲載されました。

★日本経済新聞 ≪電子版≫ 「超臨界」活用し半導体の不純物除去 レクザム

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61742890Q0A720C2LA0000/
 

レクザムのCO2超臨界乾燥装置は、毛細管力や表面張力が発生しない「超臨界流体」を使用するため、微細な構造物も変形・破壊することなく、洗浄後の乾燥を実現した装置です。

時代の要求である、ナノメートルオーダー(ウィルスの数十分の一)という極微細なコンタミ(ゴミ・金属イオンなど)をも発生させない、レクザムの技術。エンジニアが挑んだ探究心の成果をご紹介する内容です。
是非、ご一読下さい。


▲ 完成した試作品と一緒に住田副社長
(コロナウィルス医療従事者ではありません)


「AEI」 2020年3月号 掲載


英文月刊誌「AEI」3月号の表紙に、レクザムが掲載されました。
AEI(Asia Electronics Industry)は、主に事業経営責任者や製品開発技術者を定期購読者にもち、毎月 約20,000部を発刊するエレクトロニクス業界のビジネス情報誌です。

今回は、1月に東京ビッグサイトで開催された「ネプコン ジャパン2020」の様子と、当社の展示製品である基板外観検査装置“Sherlock”シリーズについて掲載されています。

「AEI」2020年3月号、機会があれば是非ご覧ください。


小学館「キッズペディア こども大百科 もっと大図解」


2018年11月16日(金)発売、小学館「キッズペディア こども大百科もっと大図解」に当社 自動車固定金具「クラスパー(C-500LN)」が掲載されました。


クラスパーは、専用船による自動車輸送の際、車両を甲板に固定する金具です。

開発・製造開始より約45年。累計 約1,800万本(全品種合計)を出荷したクラスパーは、この本の72P『自動車運搬船』のページに掲載されています。
 

詳しくは、下記よりご覧ください。

★クラスパーの製品情報は、こちら
★小学館「こども大百科 もっと大図解」は、こちら


このページの先頭へ