新着情報News

気づきのMEMO

弊社で使用している企業ロゴ、キャラクター、CM等のデザインは、香川県を代表するグラフィックデザイナー、藤本 誠 先生(藤本デザイン研究室)に手がけていただいています。

藤本先生が日常生活の中で、ふと気づいた事柄を“気づきのMEMO”として紹介します。

「発想は無限大」「開発好奇心集団 Rexxam」として、この作品が先入観や常識にとらわれない自由な発想をもつ手助けになればと思います。




「瀬戸内国際芸術祭2019」スポンサー作品の紹介


現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2019」が2019年4月26日(金)に開幕しました。

3年に1度、瀬戸内海を会場に開催されている同祭を、今回もレクザムは「パートナー企業」として協賛しています。

 

レクザムのスポンサー作品「小豆島の恋」は、台湾出身の芸術家 ワン・ウェンチー(王文志)さんが制作しました。

高さ 約15m、全長 約60m、竹を組み上げて作った巨大なドーム状の作品は「人と人とのつながり」を表現。

作品に使用された約4,000本の竹は、弊社 小豆島工場の力自慢が、毎週日曜日に地域のみなさんと一緒に山に入り、竹の切り出しをお手伝いしました。

 

ドームの中は、寝転んで竹の手触りを感じたり、竹の隙間から見える棚田を眺めたり、思い思いの楽しみ方で作品を鑑賞できるようになっています。

新緑がまぶしい季節を迎えた小豆島で、ゆったりとした島時間を過ごしませんか。


竹の切り出し

▲ワンさんも一緒に「竹の切り出し」(写真下3列目中央)

作品案内

▲前回に引き続き ワン・ウェンチーさんの作品を協賛

ワン・ウェンチー作「小豆島の恋」

▲作品は、ビル4階の高さに匹敵する大きさ!


■「瀬戸内国際芸術祭2019」公式HPはコチラ


「瀬戸内国際芸術祭2019」開幕!

3年に1度、瀬戸内海を舞台に開催される、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2019」が開幕しました。

レクザムは今回も「パートナー企業」として協賛しています。

 

2019年4月26日(金)に行なわれた開会式では、弊社イメージキャラクターで“うどん県副知事”の木内晶子さんが司会を務められました。


「瀬戸内国際芸術祭2019」は、春・夏・秋の3期、合計107日間にわたり開催され、世界32の国や地域の芸術家225組の作品が展示されます。
 

芸術作品と一緒に、瀬戸内の美しい自然や文化、季節ごとの島の風土が楽しめる「瀬戸内国際芸術祭」に是非、お越しください。

 

■「瀬戸内国際芸術祭2019」公式HPはコチラ


このページの先頭へ