新着情報News

元 福岡ソフトバンクホークス「松中 信彦」GM 兼 総監督ご来社

2020年7月6日(月)元 福岡ソフトバンクホークスの選手として、2004年に平成唯一の三冠王を獲得され、現役引退後、今年から香川オリーブガイナーズでゼネラルマネージャー(GM)兼、総監督を務められている松中 信彦氏が就任のご挨拶のため、香川工場にご来社されました。

昨年8月に行なわれた球団のイベントに参加し、選手の指導を行なったことがきっかけとなり、この度GM兼 総監督に就任されました。

ホークス一筋19年、世界の“王 貞治”会長の下で通算352本塁打の記録を残した松中GMは、王会長との思い出話や、指導者として若手育成の指揮を執る熱い意気込みを、終始満面の笑顔で語っていただきました。

新型コロナウィルスの影響で、当初、無観客試合で開幕した香川オリーブガイナーズは、7月13日(月)以降のホームゲームについて、感染拡大防止の対策を行ない、有観客試合となります。

★香川オリーブガイナーズの詳しい情報は、
こちら


コロナに負けるな!


新型コロナウィルス感染症の影響を受け、開幕が延期になっていたJ3の試合日程が発表されました。

 

レクザムがトップスポンサーを務める「カマタマーレ讃岐」は、2020年6月28日(日)19時から香川県丸亀市のPikaraスタジアムにて、ガンバ大阪 U-23と対戦します。
感染防止のため無観客試合(リモートマッチ)ではありますが、勝利を信じ、応援する気持ちはどこにいても同じです。
「新しい応援方法」で、カマタマーレ讃岐をJ2復帰へ!

 

★カマタマーレ讃岐、最新情報はこちら

 


香川高専 開校10周年 記念植樹

記念樹「ユズリハ」

右:香川高専 安蘇校長/左:住田副社長(産業技術振興会 会長)


2020年3月25日(水)香川高専 高松キャンパスで、「香川高専開校10周年」を記念し、弊社 住田副社長(旧:高松高専 電気工学科 第2期卒)が会長を務める産業技術振興会より、記念植樹として「ユズリハ」が寄贈されました。

産業技術振興会は、香川高専の教育研究を地元企業と連携し、地域の発展に貢献するために発足した組織です。

今回寄贈された「ユズリハ」の花言葉は“世代交代”。
春和景明な気候の中、早くも新芽が青空に向けて顔を出していました。

地元企業として、地域の優れた技術者の輩出に向け、ますます飛躍されますよう祈念いたします。


「高松市 美しいまちづくり賞」


美しいまちづくりに貢献した建築物を表彰する「2019年度 高松市美しいまちづくり賞」に、建築物部門で「屋島レクザムフィールド(高松市屋島競技場)」が選ばれました。

この賞は、4年に1度美しいまちづくりに寄与している、建築物や、まちづくりの活動を高松市が表彰するものです。

2017年4月のリニューアルオープンより、「屋島レクザムフィールド」の愛称で親しまれている同競技場は、緑豊かな周辺景観との調和、国指定史跡・天然記念物「屋島」に配慮したデザインが評価されました。

弊社ネーミングライツ事業の施設が選ばれ、大変光栄に感じています。

これからも、皆様に愛され、スポーツを培う場になることを願っています。

2015年度 高松市美しいまちづくり賞」をレクザムが受賞した際の記事は
こちら


このページの先頭へ