新着情報News

2021年度 新入社員への「辞令交付」



2021年9月1日(水)レクザム 香川工場、小豆島工場、西条工場で新入社員に対する「辞令交付」が行なわれました。
今年、4月に入社した新入社員27名のうち、小豆島工場と西条工場(愛媛県)の各1名は、それぞれの勤務地で辞令交付を受けました。

5ヶ月間の研修期間では、製造部門をメインに“ものづくり”を経験し、仮配属を経て、適性や希望を確認し「辞令交付」の日を迎えました。

香川工場では25名が顔を揃え、各配属先の部門長が見守る中、住田副社長を始め、各BU長より一人一人に辞令が手渡されました。
若い力と発想力で、“開発好奇心集団”を牽引する活躍を期待します!




新入社員の仮配属

仮配属の様子

▲ 香川工場 大会議室


2021年7月1日(木)レクザム 香川工場、小豆島工場、西条工場で新入社員に対する「仮配属の発表」が行なわれました。

香川工場では、住田副社長より「慣れていない仕事から、もっと慣れていない仕事になりますが、出来るだけ早く慣れて、9月の正式配属を迎えてください」とお言葉を頂きました。

その後、若さ溢れる27名の“開発好奇心集団”の卵たちは、仮配属される部門長に案内されて、それぞれの職場に向かいました。
新入社員の正式配属は、9月1日(水)の予定です。


仮配属先に向かう様子

▲ は~い、「第1開発部」はこちらで~す


「瀬戸内国際芸術祭2019」スポンサー作品の紹介


現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2019」が2019年4月26日(金)に開幕しました。

3年に1度、瀬戸内海を会場に開催されている同祭を、今回もレクザムは「パートナー企業」として協賛しています。

 

レクザムのスポンサー作品「小豆島の恋」は、台湾出身の芸術家 ワン・ウェンチー(王文志)さんが制作しました。

高さ 約15m、全長 約60m、竹を組み上げて作った巨大なドーム状の作品は「人と人とのつながり」を表現。

作品に使用された約4,000本の竹は、弊社 小豆島工場の力自慢が、毎週日曜日に地域のみなさんと一緒に山に入り、竹の切り出しをお手伝いしました。

 

ドームの中は、寝転んで竹の手触りを感じたり、竹の隙間から見える棚田を眺めたり、思い思いの楽しみ方で作品を鑑賞できるようになっています。

新緑がまぶしい季節を迎えた小豆島で、ゆったりとした島時間を過ごしませんか。


竹の切り出し

▲ワンさんも一緒に「竹の切り出し」(写真下3列目中央)

作品案内

▲前回に引き続き ワン・ウェンチーさんの作品を協賛

ワン・ウェンチー作「小豆島の恋」

▲作品は、ビル4階の高さに匹敵する大きさ!


■「瀬戸内国際芸術祭2019」公式HPはコチラ


このページの先頭へ