新着情報News

愛南工場にヘリコプター着陸

2022年5月2日(月)レクザム愛南工場(愛媛県)で大規模災害を想定した、愛南町 消防本部と(一財)国際災害対策支援機構による物資・人員の搬送訓練が行なわれました。

今回の訓練は、40年以内に90%程度の発生が予測されている「南海トラフ巨大地震」を想定し、輸血用の緊急資機材・災害派遣 医療チームをヘリコプターで搬送しようというものです。

東京ドーム約4個分の敷地をもつ愛南工場のヘリポートには、約50km離れた宇和島市内のヘリポートから、車なら1時間もかかる移動を約15分でこなす4人乗りの小型ヘリが到着し、離着陸場所も確認しました。

レクザムでは、2020年11月「災害時における協力に関する協定」を愛南町と締結しています。
災害時の避難場所、救援物資の集積場所 等、有事の際にご活用いただき、災害に強いまちづくりを応援しています。



救命講習会


2022年4月27日(木)レクザム 綾歌工場でALSOK(綜合警備保障㈱)のご協力により、救命講習会が行なわれました。
すでに、小豆島工場(室生/西村)、綾川工場でも同研修を実施し、今回は綾歌工場の代表者が、要救助者の反応確認、胸部圧迫、AEDの使用方法を学びました。

「消防防災年報」(2021年度刊行)によると、香川県における救急車の現場到着 所要時間は、平均5分~10分未満です。
要救助者の救命率は、1分間で約1割下がっていき、10分後には、ほぼゼロになるといわれています。
救急車到着まで何もしなければ、ほぼ助からない命も、より早い救命活動によって、後遺症の重症度が軽減されます。




目の前の命を救えるのは、他の誰でもなく自分なんだという自覚を持ち、第一発見者は、総監督となって
① 役割分担を具体的に指示「△○さんは、119番」、「□○さんは、AED」
② 胸骨圧迫(心臓マッサージ)を、救急車到着まで複数人で交代しながら継続
③ AEDは、剥がさず装着したまま救急車へ搬送
といった、救命の流れをご指導頂きました。

尊い命を救えるよう、常に危機意識を持って行動したいものです。

★ ALSOK You Tube「心肺蘇生法とAEDの使い方」は、コチラ


「災害時における協力に関する協定」締結式

「災害時における協力に関する協定」締結式

左:愛南町 清水町長 / 右:住田副社長


2020年11月9日(月)弊社 愛南工場のある、愛媛県愛南町役場にて「災害時における協力に関する協定」の締結式が行なわれました。

この協定は、応急対策や早期復旧が必要な災害時に、レクザム 愛南工場を避難所や救援物資 集積場所として提供するものです。
また、応急対策業務に係る支援車両や重機等の駐車、資機材の仮置き場、臨時ヘリポートとしての活用も期待されています。

万が一の備えとして、地域住民の皆さまに安心・安全をお届けできる工場を目指します。



防災キャンペーン2020

「FM香川 防災キャンペーン2020」に今年もレクザムは協賛させて頂いております。

昨年好評だった、「おやこでトライ!ぼうさいブック」が、今年は内容をパワーアップし、「かぞくでトライ! with コロナのぼうさいブック」として発行されました。

自然災害は、時期、場所を選ばず突然発生します。
30年以内に発生すると予測されている「南海トラフ地震」では、約20万人が避難する予想が出ています。
新型コロナウィルス感染リスクという「複合災害」に備え、家族で考え、被害を少しでも減らす行動を身に付けるきっかけになればと思います。

香川県内の保育所、幼稚園、こども園、県・市・町防災担当箇所にて、無料配布中です!


このページの先頭へ