新着情報News

「瀬戸内国際芸術祭 2022」 開幕

2022年4月14日(木)レクザムホールで「瀬戸内国際芸術祭 2022」の開会式が行なわれました。

瀬戸内国際芸術祭、通称“瀬戸芸”は、3年に1度、瀬戸内海を舞台に開催される現代アートの祭典で、今回で5回目の開催となります。
開会式の司会を務めたのは、レクザム イメージキャラクターで、“うどん県副知事”・女優の木内 晶子さん。



33の国と地域、約200組のアーティストが参加する、瀬戸芸は、春・夏・秋の3会期で行なわれます。
例年、レクザムがパートナー企業を務める、王文志(ワン・ウェンチー)さんの作品は、夏会期(8月5日~9月4日)、秋会期(9月29日~11月6日)に小豆島 中山地区にて展示予定です。
今回も、竹をふんだんに使用した、巨大芸術を展示予定です!


「屋島レクザムフィールド」 ネーミングライツ契約更新

高松市ネーミングライツ採用決定通知書 交付式

▲ 高松市 大西市長(左)より、決定通知書を受け取る 住田副社長(右)


2022年3月29日(火)高松市役所で、屋島レクザムフィールド(高松市屋島競技場)のネーミングライツ契約更新に伴う、決定通知書の交付式が行なわれました。

当社では、2017年に高松市とネーミングライツ(命名権)契約を行い、同年4月にリニューアルオープンした“高松市屋島競技場”を「屋島レクザムフィールド」と命名し、5年が経過いたしました。
引き続き、2022年4月から5年間の契約更新を行なうこととなり、高松市 大西市長より決定通知書の交付をいただきました。

高松市のシンボルともいえる歴史的な名所旧跡 屋島の麓に広がる屋島レクザムフィールドは、瀬戸内海をイメージした青色のトラックが特徴で「第2種 公認陸上競技場」として、地元スポーツの発展に寄与されています。

これからも、地域に愛され、地域の発展にご活用いただき、長く愛される施設となることを願っています。


背景に見える山が屋島

▲ 屋島レクザムフィールド


特徴的な青色のトラック

▲ 瀬戸内海をイメージしたトラック≪2018年10月 レクザム大運動会≫


第1回 身体障がい者野球 四国交流大会

2021年10月30日(土)香川県丸亀市のレクザム ボールパーク丸亀で「第1回 身体障がい者野球 四国交流大会」が行なわれました。
会場となった、“レクザム ボールパーク丸亀”は、2018年より当社がネーミングライツ権を取得しているご縁もあり、特別協賛を致しております。

これまで四国3県には、障がい者野球チームがありましたが、今年から香川県にもチームができたので、初めての交流大会が実現しました。
この大会で始球式を務めたのは、弊社 住田副社長!
秋晴れの空の下、選手に負けない熱の入った直球で試合開始を宣言しました。

身体障がい者野球は、障害に合わせて特別ルールを考案し、幅広い障害者が楽しめるように工夫された、まさに“発想は無限大”なスポーツです。
レクザムは、障害者スポーツのますますの普及と活躍を応援しています。



ネーミングライツ事業「レクザム 多肥小歩道橋」

2021年9月22日(水)レクザム5例目のネーミングライツ事業となる「高松市立 多肥(たひ)小学校」の歩道橋に、レクザムのロゴが仲間入りしました。

工事当日は、南北に走る市道に交通規制(片側通行)をして、施工業者が高所作業車でレクザムのロゴを貼っていきました。



2タイプの異なるレクザムのロゴが北面、南面に入り、隣には多肥小学校 公式キャラクターの「たひまろ」と、多肥地区コミュニティ協議会 公式キャラクター「たっぴー」の可愛いキャラクターも一緒にデザインされています。

地域の皆さんに愛称が親しまれ、児童の安全な学校生活のお役に立てればと思います。


このページの先頭へ