新着情報News

「瀬戸内国際芸術祭 2022」 開幕

2022年4月14日(木)レクザムホールで「瀬戸内国際芸術祭 2022」の開会式が行なわれました。

瀬戸内国際芸術祭、通称“瀬戸芸”は、3年に1度、瀬戸内海を舞台に開催される現代アートの祭典で、今回で5回目の開催となります。
開会式の司会を務めたのは、レクザム イメージキャラクターで、“うどん県副知事”・女優の木内 晶子さん。



33の国と地域、約200組のアーティストが参加する、瀬戸芸は、春・夏・秋の3会期で行なわれます。
例年、レクザムがパートナー企業を務める、王文志(ワン・ウェンチー)さんの作品は、夏会期(8月5日~9月4日)、秋会期(9月29日~11月6日)に小豆島 中山地区にて展示予定です。
今回も、竹をふんだんに使用した、巨大芸術を展示予定です!


香川県県民ホールの愛称が「レクザムホール」になりました!


2016年4月1日(金)より、香川県県民ホールの愛称が「レクザムホール」になりました。

レクザムでは、香川県が行なっていた「香川県県民ホールネーミングライツ(命名権)スポンサー企業の募集」に応募し、審査の結果、ネーミングライツを獲得しました!

ネーミングライツは、県の資産を活用して新たな財源を確保し、県内の文化・芸術の振興に役立てることを狙いとしています。
レクザムでも、文化・芸術の継承とさらなる発展によって、豊かに暮らせる街づくりを目指すことにより、地方創生に貢献していきたいと考え、今回の応募に至りました。

香川県県民ホールは、定期的にコンサートや講演会などが開催されており、さまざまな目的で幅広く利用されています。
新しい愛称の「レクザムホール」が地域と密接な関わりをもち、愛着をもっていただけるような存在になりたいと考えております。


このページの先頭へ