新着情報News

カマタマーレ讃岐 ゼムノビッチ新監督 ご来社

“クラブに関わるすべての人たちを大切にして、地域の人たちと感動を共有”をクラブ理念にしている、J3カマタマーレ讃岐のゼムノビッチ新監督が、2021年5月10日(月)弊社 香川工場にご来社されました。

ゼムノビッチ監督は、セルビア共和国出身の67歳。
これまで、清水エスパルス(J1)の監督などを務め、カマタマーレ讃岐では初めての外国人監督の就任です。
4月に設置したばかりの“ナガレバチ”と一緒に記念写真をパチリ。
身長188cmのゼムノビッチ監督ですら、高さ3.3mのナガレバチには及びませんでしたが、流暢な日本語で「ガンバリまーす!」とご挨拶をいただきました。

レクザムは、「地域密着型クラブ」として活躍する“カマタマーレ讃岐”を、トップスポンサーとして応援しています。

5月22日(土)に開幕する「天皇杯JFA第101回 全日本サッカー選手権大会」に2年ぶり22回目の出場となるカマタマーレ讃岐。
突破力と、シュート術、そして、ゼムノビッチ監督の指揮で勝利をつかみましょう!

★カマタマーレ讃岐の詳細は、こちら


物流専門紙「カーゴニュース」掲載!


1969年創刊“「物流」の「今」を読めば「未来」が見える”でおなじみ、物流情報の専門紙「カーゴニュース」(2021年3月30日号)に、レクザムが掲載されました。

レクザムでは「誇り高き製品を、より安価に顧客に提供しつづける」品質方針を遵守するため、商品は工場から直送することを基本としています。
産業用電子制御器、医療用電子機器など多種多様な運搬を行なう上で、 “環境に優しい物流”を目指し、従来のトラック輸送から、環境負荷の少ない船舶、鉄道の利用へ転換を図る「モーダルシフト」の取組みを進めています。

製品をお待ち頂いているお客様へ「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」供給できるよう、日々格闘する生産管理部 物流管理グループの挑戦。
是非、ご一読下さい。



「ナガレバチ お披露目式」

2021年4月1日(木)入社式が行なわれた午後、レクザム香川工場では、世界的彫刻家 流政之氏(1923年~2018年)が手がけた彫刻作品、2作品のお披露目式を行ないました。

黒御影石が美しい、高さ 約3mもある「ナガレバチ」と「MOMO」の2作品は「公益財団法人 流財団」(高松市庵治町)が始めたレンタル事業の第1弾として、この度、香川工場の敷地内に設置されました。

式典は、レクザム イメージキャラクターの木内晶子さんの司会で進行され、香川県文化芸術局 局長 小川剛 様、流財団 代表理事 香美佐知子 様や工事関係者にご参列いただき、除幕が行なわれました。
今後、新型コロナウィルスの状況を考慮しながら、作品の一般公開を計画しております。


このページの先頭へ